オススメなスポーツマスク

アンダーアーマの新作マスク

スポーツ時にマスクをする危険性

先に自分の立場表明をしておくと、私はスポーツ時のマスクには本来反対!

別に反マスクではない!! 普段はマスクにより悪化してしまう疾患をお持ちでない限り、今のこのコロナ禍ではすべきだと思っている。

用はリスク vs ベネフィットの関係で、スポーツ時にマスクをする方が人体に危険をもたらすと思っているからである。例えば、暑い時のマスクは最悪! 熱中症の危険性がある。厚生労働省もこんなリーフレットを作成しているくらいだ。

熱中症 × コロナ感染防止

スポーツ時にマスクをしていると、呼気からの気化熱によって皮膚血管が拡張することによって熱の放散を妨げてしまい、熱中症のリスクが高まる。

実は、熱中症の危険性があるのは暑い夏だけではない! 冬場でも大いに熱中症になる危険性はあるのだ。

私はウオーク大会の開催に関わっているが、冬場で水分補給などに無頓着な方が熱中症になって危険な症状で運ばれてしまう場面を何度か見ている。

特にご高齢の方は、のどが渇いたと感じにくいので熱中症になりやすいので注意が必要である。

熱中症の他にも、運動中にマスクを着用することにより、体内に二酸化炭素が増えることにより、呼吸不全や意識喪失になる危険性も。。。海外では死亡例もあるくらいだ。。。

地方に住んでいるため、ほとんど人にすれ違わない田舎の河原でジョギングする時にマスクをするなんて、本当に意味不明だと心の底から思っている。

しかし・・・

人の目がこわい!!! 田舎の同調圧力をなめてはいけない!

この一言につきるのではないだろうか・・。

私が担当している健康運動教室でも、運動時のマスクの着用は危険性があること、2m以上間隔をあけて行っているので大丈夫だという事をお伝えしているので、コロナ感染が始まった当初は皆さん運動時はおしゃべりを控えてマスクを外していたのに、緊急事態宣言があけて以降はみんなマスクをするか、マスクをするのが不快な方は、運動教室に来られなくなってしまった。。。

高齢者の方が不活動になる危険性の方がずっと高いのに・・・

わかっちゃいるけど、人の目の方がコワい! それは十分に理解する。

では、という事で、マスクなしでも飛沫は飛ばないだろうというほど間隔をあけた上で、少しでも呼吸が楽なマスクをしていただこう。。という事で、運動具屋の嫁でもある私は様々なスポーツマスクを試してみた。で、たどり着いたのが、アンダーアーマーの新作マスクである。

別に高齢者だけではなく、若者であってもスポーツの後のロッカールームや更衣室は三密になりやすいので、マスク着用が推奨される。その時に、このかっこ良いマスクはオススメなのだ。

スポーツ時にオススメなマスクについて

アンダーアーマー新作マスク

イチオシお気に入りなのが、アンダーアーマーの新作マスク!

〝新作〟でなくても、その前のものもとっても優秀だった。何がって、立体構造になっているので、呼吸がしやすく、ビチャビチャになりにくい! そして、カッコいい!!

詳しくは、こちらを見てほしい。『運動具屋のおっちゃん』が、プロの目で見て実際に使用してみての説明が詳しくなされている。

難点は、ちょっと〝お高い〟ことかな・・でも、この値段の価値は絶対にある!

その他、ミズノのスポーツマスク気に入っている。コロナ禍のスポーツマスクの走りであり、あのマスクが出た時の感動を忘れない。。お値段もアンダーアーマーに比べると半額以下である。サラッとしていてつけ心地が良い。

ぜひ、両方お試しくださいませ♪

RUNNINGにオススメ フェイスカバー

RUNNINGする時にメチャオススメなのが、フェイスカバー。

何が気に入っているかというと、やはり『田舎の河原でマスクする意味あるんかーーーいっ(怒)』問題である。田舎の同調圧力をなめてはいけない!

こんな感じ!

フェイスカバーであれば、人が周りにいない時はすっと降ろせばマスク無し状態で楽だし、ヒトカゲが見えたらその時だけスッとフェイスカバーを引き上げれば良いのだ!

この動作は、マスクの比ではない!!

きっと、みんなRUNNING中は音楽とか聴いているはずだ。で、マスクをしてこの動作を繰り返すと、耳の部分でイヤホンとマスクが捻じれに捻じれ、不快な事この上ない!

それに比べ、このフェイスマスクはスッと下げれば良いだけなのだ。メチャ楽!

もちろん、運動具屋の嫁として、これはフクヤスポーツ(楽天で言えば福屋運動具店)にも置いている。

コンビニでも買えるタイプのマスク

コンビニでも買える・・と題したが、どこのコンビニでもあるわけではない。うちの近くのローソンには常時置いてあるけど、セブンにもファミマにもなかった。。

しかし、楽なものは楽なので、ご紹介するのはbreathというマスク。

しかし、これは網目みたくなっていて、先ほどいった田舎の同調圧力には無力である。

これをしていても、ますます人の目はコワい!

マスクの意味あるんかーーーいって怒られそうだ。でも、アクリル板しているスポーツクラブのランニングマシンなんかで走る時には良いかも。。

運動具屋の嫁として、自分の店に置いてないものをススメルのもなんだが。。。